男の子が生まれる確率

男の子が生まれてくる確率・女の子が生まれてくる確率は、

自然に任せた状態であればそれぞれ約50パーセントずつと一般的には考えられています。

しかし実際には、男の子が生まれる確率の方が1割ほど高いことが分かっています。

 

男の子の正確な出産率

なぜなら、男の子を決定するY精子のほうが、

女の子を決定するX精子よりも高い割合で存在しているからです。

その数はX精子の約2倍近くはあることが分かっています。


ですから、男の子の産み分けを考えている人は、

若干ではありますが有利ということですね。

ただし、Y精子は数が多い反面、X精子よりも膣内環境に弱く短命で、

着床しにくい、流産してしまう可能性が大きいという欠点もあります。


医療技術が発達していなかった昔は男児の死亡率も高かったため、

最終的には男女の人口比は同じくらいになっていました。

現在は男児女児のあいだで死亡率の差がほとんど無くなっているので、

若干男性の人口が多くなっています。

 

確率に影響する要素

他にも、たとえば次のような要素で産み分けの結果が左右されてきます。

女性の膣の酸性度合いや男性の精子の質
遺伝的・体質的な要素も影響
男女それぞれの生活習慣
子作りのタイミング、受精時の状況


体質的な要因は簡単には変えられませんが、

食事内容や性交の仕方などちょっとしたことを変えるだけでも、

産み分けの確率に影響してきます。



奇跡


公式

 


バナー

 

 

 

 

産み分け法の基礎知識 関連ページ

このページの先頭へ