着床前診断

着床前診断で、男女の産み分けを行おうとする人が少数ながらいるようです。

着床前診断とは、体外受精を行ってから着床させる前に受精卵の遺伝子を調べ、

遺伝性の病気や染色体異常、性別の判定を行ってから、

問題ないと判断された受精卵を選別して胎内に戻して妊娠させるというものです。

 

可能な国は?

着床前診断については、日本では基本的に

遺伝疾患回避の目的以外で実施することが禁止されています。

宗教的理由によって、世界では着床前診断を受け入れていない国々も少なくありません。


しかし、アメリカやタイなど一部の国では

着床前診断が産み分けも含めて認められています。

特にタイでは渡航費用も含めて比較的安い料金に抑えることができるので、

産み分けをするためにタイに渡る日本人も年々増えているようです。

 

着色前診断のデメリット

着床前診断による産み分けは成功率が高いですが、いくつかデメリットもあります。

まず、卵巣機能が万全ではない高齢の女性や健康に問題のある女性では、

選別に必要なだけの卵子が得られないため診断自体が受けられないこともあります。


また、受精卵を着床させたからと言って

必ずしも妊娠に成功するというわけではありません。

倫理的な問題から周囲に反対する人も出てくるかもしれません。


以上の事から、リスクやハードルが高い割に良い結果が期待できるとも限らないので、

診断を受ける前には覚悟と慎重な判断が必要となるでしょう。



奇跡


公式

 


バナー

 

 

 

 

産み分け法の基礎知識 関連ページ

このページの先頭へ