排卵日と産み分け

産み分けにおいて、排卵日を予測するというのはとても大事なポイントです。

なぜなら、排卵日はX精子とY精子の生存率による

成功の度合いにも大きく関わってくるからです。


男の子を決定するY精子は、1日以上は女性の膣内で長生きできないため、

できるだけ排卵日当日に性交を行う必要があるのです。

排卵日は生理周期の大体中間あたりになりますが、

さらに正確に予想できる方法として以下のようなものがあります。

 

おりものチェック

おりものを採取してその状態をチェックする方法です。

おりものは排卵日が近づくにつれて透明度や水っぽさが増してくるので、

ひとつの目安としてください。


おりものを採取する際には、清潔なティッシュなどを使うようにしてください。

人によっては排卵日が近づいてもおりものが出ないこともありますので、

そんな場合は以下の方法も試してみてください。

 

体調の変化や排卵痛

排卵日が近づいてくると、胸が張ってきたり、

下腹部に若干の痛みを感じる人もいます。


このときの下腹部の痛みを一般的に排卵痛といいますが、

普通に過ごしているだけでは気づきにくいこともありますし、

排卵痛のタイミングが排卵日と一致しているとも言い切れないので、

これもあくまで目安のひとつとしてください。


他にも、お金はかかりますが排卵検査薬を使ったり、

基礎体温から判断する方法もあります。

それぞれの詳しい方法については別ページで説明しています。



奇跡


公式

 


バナー

 

 

 

 

産み分け法の基礎知識 関連ページ

このページの先頭へ