排卵検査薬とは?

排卵検査薬とは、排卵日直前に現れる急激なホルモンの変化を検知することで、

正確に排卵日を予測するためのものです。

 

LHサージ

排卵が行われる24~36時間以内には、

黄体形成ホルモン(Luteinizing hormone)と呼ばれるホルモンが

大量に分泌されるようになり、この現象をLHサージと呼びます。


排卵検査薬でLHサージを検知して陽性反応が出てから当日、

翌日、翌々日にできるだけ連続して性交を行うのが理想的です。

女性の膣環境がY精子に有利なアルカリ性に傾く、排卵日当日を狙うのが有効ですが、

それが正確にはいつになるのかは個人によって若干差が出てきます。

 

注意点について

一般的には排卵検査薬で陽性が出た後16~24時間後に

排卵されるようになっていますので、その日に排卵されるとは限りません。

そのため、陽性反応が出た当日だけでなく

その翌日・翌々日も試みる必要が出てくるのです。


性交を連続で行うと、精子の数が減ってしまうのではないかと思われるかもしれません。

しかし、逆に連続で行ったほうが精子が活動しやすくなるので心配はいりません。


ただし、排卵のタイミングのみに集中するあまり、

義務的な子作りになってしまいがちなので注意しましょう。

妊娠の結果にはお互いのメンタル状態も強く影響してくるので、

タイミングを合わせると同時に夫婦の気分を高めることも重要です。



奇跡


公式

 


バナー

 

 

 

 

産み分けグッズ 関連ページ

このページの先頭へ